ホーム > 稲妻宣言ブログ > 66.足場と料理

稲妻宣言ブログ

66.足場と料理

 2020年09月14日

 

本日稲妻宣言に新しく中古のトラックが納車されました。

 


御祝い兼ねてディーラーさんを連れてちょっと値の張る小料理屋へ。。

 

 

 

 

そして食べていて思ったんです。

 

 

 

料理って白黒わかりやすくていいなあ。。って(笑)

 

 


単純に美味しかったらお値段高くても全然嫌じゃなくないですか?

 

 


「美味しい」って、素人から玄人までみんなすぐわかるじゃないですか(笑)

 

 


足場ってどんなものが美味しいか一般の人にまずわからない。

 

 


むしろ足場屋しかわからない。

 

 


もっと言うと現場監督すらわかってないことがほとんど。

 

 


国の共通仕様書通り、元請けのマニュアル通りでさえあれば、

 

 


現場担当に知識が無かろうが、

 

 


職人が心も魂も込めなくたってよくなっちゃう。

 

 


こんなんじゃいづれAIでもよくなってしまうでしょう。。

 

 


物事の本質が、こんな共通認識という状況下で、足場代金が気持ち良く決まる訳がないですよね。

 

 


ネットで調べて来て他社の方が安いとか、

 

 


予算が合わないとか、

 

 


最近そんな事ばかりクライアントが言って来て本当につまらない。 

 

 

どうぞ他社でやってくれと(笑)

 

 

 

 

私から言わせればこれだけ優秀な若い衆を育て連れて来て、

 


コロナより熱中症で死んでる人の方が圧倒的に多いこの現代の真夏日に、

 


昼飯を食べるのも忘れるぐらい一生懸命になって、

 


クーラーもない炎天下の中黙々と仕事を完遂する我々に、

 


どうして簡単に高いなどと言えるのかと(笑)。。

 

 

 

でも料理は

 

 


店主「これ美味いでしょ?どうしてこの金額なのかわかるでしょ?」

 


客「はあぁぁ(吐息)んまいねー(笑)最高だねこれ(笑)文句ないよ」

 


って、すごくわかりやすい(笑)

 

 

 

我々も企業ですから、ちゃんと利益を追求していかなかったらやっていけない。

 


他社の単価なんかどうでもいいんですよ。

 


うちにはうちで目指すべきビジョンがあり、その為に必要としているお金がある。

 

 

 

私を見て

 


若い衆を見て

 


仕事を見て

 


金額を見て

 


気持ち良く払ってくれたらいい。

 


我々はより良い仕事をする為の最先端の高価な工具もどんどん買い揃えてゆかなければいけないし、

 

 


トラックだって消耗品です。

 


若い衆の教育にだってお金をかけなきゃいけない。

 

 


炎天下に真っ赤な顔して水かぶりながら一生懸命仕事してくれている

若い衆にもっと良い生活だってさせてやりたい。

 

 


若い衆の未来と将来を守りたい。

 

 


この稲妻宣言で働いている事を誇りに思って欲しい。

 

 


社会的に見ても若い衆がたくさん稼げてる会社でありたい!

 

 

 

こんな事言ったら独立を考えてる人は、ガックリきてしまうかもしれないけど(笑)。。

 


今で約9年か。。

 


ただの1度も私が個人的に儲かった事もないし、

 


代表になってただの1度も私は給料日が嬉しかったこともないです。

 


むしろ、

 

 

 

今月きちんとお金は入ってくるだろうか?

 

きちんと給料払えるだろうか?

 

 


毎月が心配です。

 

 


未だに嫁にはいつになったらもっと稼いで来てくれるんだと尻叩かれていますよ(笑)

 

 


いい加減嫁や子供にも良い思いをさせてやりたい。

 

 


豊かな生活をさせてやりたい。

 

 


その為には「純利益」が必要です。

 

 

皆さん。。

 

 

 

足場代金も料理代金のように気持ち良く払っていきましょう!

 

 

 

蛇足ですが。。

 


私が思うに多分今までの建築業の社長連中のお金の使い方が良くなかったのも

最近の建築代金の渋さに繋がったんだと思います。

 


ある程度までいくと会社を従業員に押し付けた社長の一人勝ちが多かったですし、

 


欲望に忠実というか、それがしたい人の層も多いから、建築は、

独立する人がやたら多いのもあるんだと思います。

 


己の酒、女、博打、衣、食、住、趣味に贅の限りを尽くし、湯水の様に

つぎ込んできた今までの建築の社長連中達。

 


もしそんな奴らの自己満足の為に、工事代金が高く設定されていると思ったら、そりゃあ

客は気分よくないですし、気持ち良くなんか払ってくれなくなっていくのも確かにあるんだろうなと思います。

 


ひとり勝ちしたければ、ひとりでやってればいいんです。

 


人を使ってひとり勝ちしようとするからゆがみやひずみが生じるんです。

 

以上です。

0
メールでのお問い合わせ

ACCESS

稲妻宣言
〒177-0033
東京都練馬区高野台1-7-20
地図はこちら
TEL:080-5535-9981

Youは何しに日本へ?

ページ先頭へ戻る

表示モード:スマートフォン |