ホーム > 新着情報

新着情報

㉜腐らないことの大事

 2019年08月16日

 

どうも皆様、日々酷暑が続く中本当にご苦労様でございます。

 

この夏の酷暑にも全く負けることなく安定のメタボリックビューティーを維持し続け称賛に次ぐ絶賛のナベ・イナズマでございます(笑)!

 

 

さて、今日はたまたまラジオから流れてきたパリコレでも活躍されているファッションモデルのアン・ミカさんのお話を聞いて共感を得たので一筆記してみたいと思います。

 

 

彼女は幼少期顔に作ってしまった傷のコンプレックスをぶち壊す為にモデルになることを決意しました。

 

 

しかし、現実は非常に厳しく、モデル事務所10社の書類選考に応募するが、その全てに落選。

 

 

諦めず1社に絞ってさらに5回も応募するが、やっぱり書類審査で全部落選。

 

 

「私写真映りがすごい悪いので、ちゃんと会って判断して頂けませんか?そちらの方がよくわかると思います!」

 

 

と直談判、

 

 

了承を得て直接モデル事務所に面接にいくが、

 

 

「やっぱりそうでもなかった」と(笑)

 

 

結局落とされる。

 

 

 

その時、モデル事務所の社長が

 

 

「まあ近くに来た時は顔出しなよ」と

 

 

お情けで声をかけてくれたのをキッカケに、

 

 

今度は毎週事務所に顔を出しに行く(笑)

 

 

それを続けること約2ヶ月、

 

 

たまたまモデルに欠員が出て、その代役でモデルとして出たのを皮切りに彼女のモデル人生は始まっていったのだという。

 

 

なんか自分にも似た経験があって(笑)思わず書いてしまいました。

 

 

私の場合は、もう一緒になって13年になる我が愛しの妻との、初めて会ってから口説いて今に到るまでの道のりという題材ですが。。

 

 

妻と出会い話をしていくうちに、

 

 

既に人間作品としての完成度が2ランクぐらい妻の方が上だと感じていました。

 

 

しかしどうしても彼女だけは魅力的で、なんとか自分の子供を孕ませたいと、

 

 

全然タイプじゃないとフラれてもフラれても食らいつき続け、

 

 

めでたく子供を授かってからも十数度は別れを切り出されてますが、

 

 

私の真剣で諦めない気持ちとユーモアと頓知と愛でもって必死に今日まで乗りきって来たんです(笑)

 

 

世界中数多の男たちと付き合って来て1年以上続いた男は、この私だけだそうです。

 

 

そんな所が少しだけアン・ミカさんのモデルとしての今に到るまでの軌跡と似ていたのでお話を聞いていて笑ってしまったのです。

 

 

 

妻のぶっ飛んでいるところ

 

性格の悪いところ

 

詐欺師みたいなところ

 

飽きやすいところ

 

酒癖の悪いところ

 

ナンパにふざけてついていくところ

 

人を実験台にして検証して楽しんでいるところ

 

枕のヨダレがくさいところ(笑)

 

片付けしないところとか。。

 

 

まあ、一般的に良くない要素すら

 

 

私には愛しく感じます。

 

 

なんかいきなりキモくてすみません(笑)

 

 

話を戻します!

 

 

アン・ミカさん的には、

 

 

「今の若い人達は本当の頑張り方というのをわかってない」とおっしゃっていましたが、

 

 

そこに便乗して私的にも言わせて頂くと、

 

 

「プライド」がネックなんじゃないかと。。

 

 

ここで言うプライドは根拠のない自尊心のことで、これが根強い人が若い人の中にも多いように感じますね。

 

 

それとまた違うパターンで、とある山では確かにその人が頂点であると思われる節があったとしても、横の山では一番下からであることを認識できない人も多く見受けられます。

 

 

ほんとに欲しいものを手に入れる時に足を引っ張る自尊心は、ただの足枷でしかありませんよね。

 

 

落選に次ぐ落選、フラれにフラれてなんて、

 

 

そりゃあ何も感じない人なんていないと思います。

 

 

シビアに言うと人格・人間否定に近いですからね(笑)

 

 

しかし!何度へし折られても、澄んだ心を保ち、情熱と勇気と根気をもって挑み続ける。

 

 

伝説の“小さな大横綱”と今なお語り継がれる千代の富士がスランプや壁にぶつかった時の若い人へ向けての発言にこうありました。

 

 

「とにかく腐るな」と

 

 

わたしも同感です。

 

 

決して腐らず、毎日真剣に求め、毎日試行錯誤して、毎日挑み続ければ、とてつもない不可能を可能にすることがあります。

 

 

アン・ミカさんと私が実証済みですから。

 

 

なんか、ただの応援歌になってしまいました(笑)

 

 

ただでさえ連日連夜酷暑厳しい今日この頃。。

 

 

ここはひとつ騙されたと思ってつまらぬプライドはいったん置いておいて頂いて、本当の御自愛、発見してみて下さい。

 

 

それでは。。また

 

世田谷区 シャッター取り付け用一部架け足場の施工事例を追加しました

 2019年08月06日

世田谷区 シャッター取り付け用一部架け足場工事を請け負いました。

詳しくはこちら

東京都世田谷区シャッター取り付け用一部架け工事を請負いました

世田谷区 塗装並び防水用飛散養生1面架け工事の施工事例を追加しました

 2019年08月02日

世田谷区 塗装並び防水用飛散養生1面架け工事を請け負いました。

詳しくはこちら

東京都世田谷区塗装並び防水用飛散養生1面架け工事を請負いました

豊島区 外壁塗装簡易足場架設工事の施工事例を追加しました

 2019年07月16日

豊島区 外壁塗装簡易足場架設工事を請け負いました。

詳しくはこちら

東京都豊島区外壁塗装簡易足場架設工事を請負いました

㉛他人の誕生会を主役よりも楽しみきってしまう人がいる件

 2019年07月08日

 

今月の1日は当社社員高橋の誕生日でした(笑)

 

もうほんと高橋はそのアピりが半端ないんっすよ(笑)

 


「あ” あ” ん” ん” のど、のどがちょっとかれちゃったんすよね~今日だいぶ頑張って声張って仕事しちゃったからな~俺!シュワシュワ~って泡の出るやつでのどを洗浄して潤さないと駄目だなこれ」


「あ”~今日はみんなちょっと仕事がなってなかったんで、これはもう反省会っす反省会」

 


この歳になって男同士で誕生日は大分うざいです(笑)

 


まあそれでもうちはみんな優しいので、ケーキ買ってあげたり、お気に入りのたばこをまとめて買ってあげたり何かとみんなやりあってるみたいです(笑)

 

たまたまその日運悪く高橋と現場一緒になってしまった私と姜さん(泣笑)

 

40歳過ぎてこの過酷を極める足場屋で、今なお最前線で闘う姜さんの仕事に対しての体調管理は、

 

アスリート並みに本当に徹底されており、

 

次の日が休みの日以外は、仕事帰りにも、家でも大酒を食らうことは決してありません。

 


メンバーはみんなその事を知っていますし尊重しています。。

 


しかしこの日の高橋は諦めない(笑)

 


「姜さぁーん!いつも俺とは飲んでくれないじゃないすかぁー。1年に1度だけなんですよ俺の誕生日わ!?いいじゃないすかぁ今日ぐらい付き合ってくれたって~」

 


ガチで断っても断っても帰る道すがらめげずにずっと口説いてくる高橋のねちっこさにさすがの姜さんも陥落(笑)

 

 

だがしかし!!!

 


そしたら今度は姜さんが一向に帰らない(爆笑)

 

そして逆に困ってしまう高橋(笑)

 

「他人の誕生会なのに主役よりも自分が楽しみきってしまう件」

 


(苦笑)

 

てんやわんやですよ高橋のせいでもう(笑)

 


カラオケでも他人の歌ってる歌を、マイク使ってる本人より大きなアカペラで、ハイジャックならぬカラオケジャックされたり(笑)

 

姜さんの知らない歌を入れると

 

「これ俺知らない」

 

とか言ってイントロで演奏停止ボタンを躊躇なく押しますからね(笑)

 


おいおい誰の為の誕生日なんだと!(笑)

 


はい、この写真の陶酔感を見てください(笑)

 

 

 

 


真ん中で天を仰いじゃってますからね。

 


こうなるともう誰も彼を停められません(笑)

 


禁断の箱を開けてしまった形になります(笑)

 


もちろん全員翌日も早朝から仕事。。

 


キツかった(笑)

 


まあでも高橋も記念すべき30歳の誕生日を気の合う仲間に祝ってもらえてほんとにしあわせそうだったんで良かったです。

 

体的にはけっこーキツかったけど、大事だと思います、こういうの。

 


それではみなさんまた会いましょう。

 


稲妻でした。

 

㉚稲妻宣言、早稲田大学名誉教授にお墨付き頂きました!

 2019年07月01日

 

皆さん!

 

もういくつ寝ると

 

夏ですねっ!

 

いやいやいやいや上がって来ましたよ~テンションがっ(笑)

 

まっ、だからって私に仕事以外で特別な予定はないんですけどね(笑)

 

ははは

 

いやー建築ってなんでですかね、いつになっても

 

「なりたい職業」

 

の上位ランクに上がってこないんですよねー(苦笑)

 

さらに

 

うちの若い衆が彼女の母親(銀行員)から

 

「足場屋さんはやめておきなさい」

 

なんて差別発言をされたらしいんです(泣笑)

 

社会的な見方、

 

わかってはいるつもりですけど、

 

やっぱり悔しいですよね!

 


まして私の大事な宝がそう言われるのは。。

 

守ってやれなくて申し訳ないと。。

 

ものすごく反省しますし、何とかそういう差別する人々を見返してやろうと全力で画策してます。

 

ほんとにこの足場って仕事は、入るのは容易いけど、生き残るのはかなり難易度が高く、精神的にも肉体的にも頭ひとつ抜きん出てないとできないんです!

 

実は灯台もと暗し的な希少価値があるんだよって事を早く社会には気づいて欲しいです。

 

どれだけの札付きヤンキーや自信家達が1日で耐えきれず逃げ出して行ったか。。数えきれないですよ。

 

特に足場で生き残っている奴らなんかはほんと相当な選りすぐりですからねまじで。

 

普通の根性じゃないですよ。

 

朝めちゃ早くて、夜めちゃ遅くて、夏は灼熱、冬は北極、雨でも風でも雪でも休みにはならない、足場材は鋼鉄でやたら重いし、親方はすぐキレるし、社長はヤクザと変わんないし(笑)、見習いはお金になんないし、パワハラが当たり前だし、体罰当然だし...etc

 

それらを全て乗り越えて生き残ってくる生命力の強さ。

 

生物としての強さ。

 

生命体としての強さ(笑)

 

ほんともっと評価されていいし、賛美されて然るべきだと私は強く思っています。

 

ちょっと足場屋さん探ってみれば、

 

高校時代埼玉県で一番足が早かった。

 

スポーツ特待で高校入った。

 

サッカーで東京選抜に選ばれた。

 

学校で一番ケンカが強かった。

 

成績表、常に体育だけは5だった。

 

400×100メートルインカレで優勝した。

 

50メートル5秒代。

 

甲子園出た。

 

全国大会出た。

 

地元のマラソン大会は全て総ナメにしてやった。

 

とか

 

もうとにかくザクザクボコボコ出てくんすよ逸材が(驚)

 

ほんとビビりますよ身体能力高い奴の出現率の高さに(笑)

 

みんな言わないし、言う場面がないだけです。

 

ちなみにあのEXILEのボーカルTAKAHIROや3代目のボーカル今市だって建築出身ですし、

 

未だに日本史上最高のカリスマ総理として取り上げられる事が多い田中角栄って総理大臣まで輩出してんですからね!?

 

ほんとに実はすごい優良土壌なんですから「建築」ってフィールドは。。

 

そんな彼らを「建築」というカテゴリーってだけで差別して娘を別れさせようとする人の見識了見って。。

 

非常に狭く小さく思いませんか?

 

顔も見たことないし、会ったこともないし、詳しく何も知らないんですようちの若い衆のこと!?

 

そのくせにそんなこと言うなんて。。


だからこそ私は、社会的にステイタスのある人からの

 

「お誉めの言葉」

 

は決して無駄にしません(笑)

 

この業界の為にも、うちの若い衆の為にも。

 

先日ブログにも載せましたが、とある若い衆の遅刻が酷かったので、睡眠外来に連れていった記事を投稿しました。

 

その時の担当の医師が、

 

現役の早稲田大学の名誉教授だったんです。

 

その医師が、代表として私が必死に若い衆の手を引いてこの病院にたどり着いた過程、

 

私が今、この彼に対して組織としてできることを真剣に質問する姿

 


ホームページの完成度

 


そして私のブログを見て、

 


「んー今ホームページであなた達の稲妻宣言を拝見させてもらってるけど。。

 

へぇー、この会社はなかなか素晴らしい会社だね。

 

ブログも社長自らきちんと書いているし、

 

社長がこうして従業員と真摯に向き合って手を引いて病院に連れて来るなんてなかなかめずらしいし、

 

組織として素晴らしいじゃないか(笑)」

 

と。


正直先生も最初嫌悪の眼差しで私を見ていたのを感じました(笑)

 

私が作業服で若い衆と一緒に診察室に入った時は

 

「君は誰?あなたは彼の何?これから極めてプライベートな話をするから親族でない限りは一度出ていってくれ!」

 

と露骨に嫌な顔をして私を診察室の外へ排除しましたからね(笑)

 

私は彼の親が知らない、彼の精神世界までかなり掘り下げて付き合って来てますので、

 

何を言ってんだと(笑)

 

「俺とコイツでお互い隠し事なんか無え」

 

とまあムカつきましたよね(笑)

 

結果、それがわかってもらえたんで2回目からは「君もどうぞ」と席を用意してくれ彼の横で一緒に診療を受けさせてもらえるようになったし、

 

こうしてブログに昇華して書けているんですが。

 


まあそれはさておき、

 

誇り高いですよ、

 

早稲田大学の

 

“名誉”教授ですよ。

 

有り難いです。

 


先生!

 

あなたのそんなたった一言が、

 

我々を勇気づけ

 

我々を鼓舞し

 

我々を向上させ

 

我々を守ってくれる。

 


先生のその言葉を今後に活かし、決して無駄にしないよう、よりいっそうの精進を重ねて参ります。

 


どうかこれからも応援の程、何卒宜しくお願い致します!

 


ま、見てないでしょうけど(笑)

 


ははは

 


では失礼します。

 

渋谷区 1500平米大規模修繕足場の施工事例を追加しました。

 2019年06月24日

渋谷区 1500平米大規模修繕足場工事を請け負いました。

詳しくはこちら

東京都渋谷区1500平米大規模修繕工事足場工事を請負いました

㉙さあ今の日本にお金の早期義務教育を!

 2019年06月18日

 

おこんにちわ

 

みなさん

 

稲です

 

ども(笑)

 


今回は建築3大悪と言われる

 

「遅刻」「不払い」「暴力」

 

 

「不払い」

 

をテーマに建築業界のお金事情について話を広げてみたいと思います。

 


私が中学の頃なんかは、

グレた奴なんかが、学校休んでこっそり知り合いのツテで鳶仕事手伝って、30万くらい稼いで来て学校で自慢するなんて、ある意味夢があるお話もありました。

 

でも、中学卒業して建築やって、親方になって、すごい稼いでいる噂が地元であがったと思ったら、社長がお金を払わず飛んじゃってさ(笑)なんて話もよく聞きました。

 

昔から、そして今現在でも、

 

とにかくお金の支払いに関しての胡散臭い話が絶えないのがこの建築業界なんです(困)

 

私が若い頃の話ですが、

 

別の建築仕事をしてた時、彼女がいきなり朝になって

 

「今日も仕事いくなら別れる!」

 

なんて

 

仕事と私とどっちが大事なのみたいな若気の至り発言を致しましてですね(笑)

 

すっげーダサいんですが(笑)

 

あたくし

 

「そ、そんなのお前に決まっているだろう!」

 

とすぐに抱きしめてしまってですね。。(笑)

 

人生初の無断欠勤をそこでしてしまうという。。

 

どうにも気まず過ぎて

 

「これ以上の迷惑はかけられませんので」

 

とその日のうちに辞表を出したら、給料日にひと月分丸々振り込んでもらえなかったなんて事もありました(笑)

 

今からしてみると、それはそれできちんとやった分はもらえたんですね。。

 

つくづく無知無学は損をします(笑)

 

まだまだピュアハート全開の小人(ことな)の頃の私なんて、悪い奴がザクザク多い建築の大人達からするといいカモですから、そこを奴らはめざとく突いてきます。

 

※注1
(ことなは私の造語)

 

今こうして私が経営者になってからだって、さんざんくらってきてます(笑)

 

元請けからの

 

未払い、不払い、支払い遅延を。。(怒)

 

まあそんな中でも、

 

入金日の15時までに入金できなくて、深夜1時に地方から車で都内の私の事務所まで汚れた作業着そのまんまの姿で

 

「すみませんでした」

 

と現金を手渡しに来る人もいましたね稀に。

 

しかしながらやっぱり、

 

「この日必ず、必ずお支払いできます!」

 

と約束するくせに、結果、十何回も引き延ばし続けて今なお1円も払ってない奴や、

 

自分都合では私が出るまで鬼電してくるのに、私が

 

「お金が入ってないんですけど?」

 

という意図の電話をすると、内容を悟っているのか決して電話に出ないし折り返しもしてこないなんてクズ野郎が後を断ちません。

 

 

それとはまたちょっと違いますが、

 

「社長。。本当にすみません。。あともう少しだけ待って頂くことはできませんでしょうか?すみません、本当にすみません。ご迷惑おかけして本当に大変申し訳ございません」

 

と、

 

初めて話した時のオラオラ感からは全く想像できない程、

 

支払いを延期するうちに日に日にその声はか細くなってゆき、

 

連絡が途絶え、

 

とことん調べたら亡くなっていた。。

 

なんて事もありました。

 


「文は人なり」という言葉がありますが、

 

ほんと「お金も人なり」

 

なのかなぁと。。

 


距離も時間も関係なく、着の身着のまま何としてでもその日のうちに支払おうとする誠意のある人がいれば、

 

全く何の罪も感じないのか、その場しのぎで相手を安心させては、支払いを引き延ばし続けるふてえ奴もいる。

 


そして、罪を感じすぎて。。

 

一線を越えてしまう人もいる。

 


「建築業界」ってなんだろう。。

 

「お金」ってなんだろう。。

 


生々しい人間が特に多いこの建築業界では、お金が本質的に発する特有の魔力や妖力が、その建築の人間属性と相まって、より混沌化し、制御できず、にじみ出して来てしまっている気がします。

 

 

私は少し前から日本人て、

 


「お金」に関しての教育が他の先進国よりわりと遅れているんじゃないかと感じていました。

 

アメリカなんかだと中学になる頃には投資の勉強を教え始めるなんて聞いたことがあります。

 

もし事実なら、日本とは大分違いますね(笑)

 

人間として社会生活を送っていく以上、「お金」と縁は切れません。

 

どうせ死ぬまで付き合っていくのなら、きちんとその「お金」というものの

 

「しくみ」

 

「概念」

 

「付き合い方」

 

を早い段階で義務教育していったら、全然違った日本の未来が開けてくる気が私はするのです!

 


絶対にこんな不払いだらけの建築業界はおかし過ぎますから!

 


もし「早期義務教育」に「お金」という学問、教科が加われば、こんな建築業界だってぐっと変わってくるはずです。

 

確かに本当に根っからの悪も絶対にいます。

 

しかし無知無学から、望まずして支払い遅延になってしまっている人も相当数いるんだと私は思います。

 

そんな人らを少しでも救い、減らし、彼らの中に確かな経済観念を築かせる!

 

そんな展望を抱いて私は、

 

「さあ今の日本にお金の早期義務教育を!」

 


と声高に

 

怒りと願いと祈りをもって社会に叫び、問題提起させて頂いたところで。。

 


お後が宜しいようで(笑)

 


またお逢いしましょう。

 


稲でした。

㉘今度はビートたけしのアンビリバボーのV撮り依頼が来た!

 2019年06月03日

 

よおおぉぉっしゃーあああ!

 

またまたまた当社三回目となるTVの依頼が来ました!

 

今回は足場メインではなく塗装メインなのですが、

 

前回の

 

『プロ野球選手の妻たち』

 

の再現Vを一手に引き受ける再現V界の名誉監督永野さんが、繋げてくれました!

 

 

 

ほんとーに有り難いです。

 

そして今回はなんとあの誰もが知っている

 

ビートたけしの冠番組

 

『奇跡体験!アンビリバボー』

 

の再現Vのお話しなぁんでぇす!!

 

ほんっとに光栄です!

 

しっかし毎度感じますが撮影までの工程が異常です(苦笑)

 

昨日の夜に会議で決まって今日私と打ち合わせして明日か明後日に足場並びに塗装を完工し、次の日撮影ってゆー(驚愕) 

 

大人として社会ビジネス活動を営んでいる側からすると、明日明後日の仕事が決まってない訳がないですよね(笑)!?

 

有り難い事にわが社もそれなりに人気ありますもので。。(苦笑)

 

全くの建築素人の人々が静かなドヤ顔から繰り出す無限大の発想力はそりゃもう

 

「オマなに言うとんねん!」

 

バチン突っ込みたくなりますよ(笑)

 

圧倒的机上の空論で(笑)

 

でも

 

「不可能を可能にするのが我々肉体労働者なんです(笑)」

 

少なくとも私は勝手にそう思い込んでいます(笑)

 

とにかくこちらはOK段取りに走ります!

 

会議の写真からにじみ出ている情熱と冷静のせめぎあいを御覧になってわかりますかね(笑)

 

それでは皆さんごきげんよう。

 

今日も1日お互いはりきっていきましょー!!

 

新宿区 三角ビル塗装並び設備撤去用足場架設工事の施工事例を追加しました

 2019年05月27日

新宿区 三角ビル塗装並び設備撤去用足場工事を請け負いました。

詳しくはこちら

東京都新宿区三角ビル塗装並び設備撤去用足場工事を請負いました

メールでのお問い合わせ

ACCESS

稲妻宣言
〒177-0033
東京都練馬区高野台1-7-20
地図はこちら
TEL:080-5535-9981

Youは何しに日本へ?

ページ先頭へ戻る

表示モード:スマートフォン |